攻撃者の心理を読む

企業が抱えている大きなリスクとして、サイバー攻撃がある。サイバー攻撃とは、ネットワークを通じて企業の通信設備などに攻撃が加えられ、本来の業務が滞ってしまうものである。こうした問題に直面した企業は、大きな損失を出す場合もあり得る。そこで企業では、サイバー攻撃への対策に積極的に取り組むようになっている。セキュリティエンジニアの求人が多数の企業から出ているのも、サイバー攻撃のリスクに関心を持つためである。多少コストをかけてでも、将来に起こりうる大きな損失を阻止しようという動きが活発となっている。

サイバー攻撃に対抗できる能力を持ったセキュリティエンジニアの特徴としては、攻撃者の心理を予測し読めている傾向が強いだろう。攻撃を仕掛けている人物たちも人間であることから、その行動には一定の傾向がある。防御側は攻撃者のクセを読み取って対策できれば、効果的なサイバー攻撃への対策が可能となるのだ。優秀なセキュリティエンジニアは、サイバー攻撃をたくみにかわして、企業の財産を守ってくれる。企業からの求人で求められている人材も、こうしたサイバー攻撃への対応力が高い人物だ。サイバー攻撃者の心理を読むためには、高度なセキュリティ技術はもちろん必要だ。加えて、人の行動を分析して読めるような能力も問われるだろう。これからますます巧妙になるサイバー攻撃の問題に対して、攻撃者の行動の裏を読み対抗できるエンジニアが企業から必要とされている。求人案件に応募するなら、相手の行動を読むスキルの向上も必要と言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です